玄海原発の再稼働中止を求める要請を出しました

新婦人福岡県本部・No!nukes委員会では、3月19日に九州電力本社に「玄海原発3号機、4号機の再稼働中止を求めます」要請書を提出しました。

九電は当初、「30分ほどしか対応できませんが」と部屋を準備していましたが、相変わらず社長は来ず、エネルギー広報課2名だけでの対応。

「受け取るだけと聞いていた。」「この後、この部屋を使うので、速やかにご退室願います。」と一方的に告げ、さっさと向こうから部屋を出て行きました。

これが、客でも有る市民への対応と言えるのでしょうか?

こちらは支部からも10名ほど参加し、ちゃんとアポイントも取って、わざわざ足労をかけて朝から出向いているのです。普通の企業なら補足説明を受け、2,3の質疑応答に対応するところであり、このような失礼な態度はとても大手の電力会社とは言い難いですね。

いかに原発反対の声に耳を傾けたくないか、大多数の市民の声に耳を傾けない企業なのかという姿勢かがわかります。

私たちは九電を抗議じゃなくて、原発をやめてほしいだけで要請に行っているのですが、どうやらそんな普通の対話もままならないようです。

もし良かったら、みなさんもぜひ気軽に要請や申し入れをしてみて下さい。

ちなみにこんな文面で提出しました。使い回して頂いてもおおいに結構です。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 Shinfujin fukuoka no! nukes hankakujyoshibu.